モゴック産ルビー (Mogok Ruby)

Mogok Ruby

モゴック産ルビー

ルビーの産地としては、ビルマ(現ミャンマー), タイ、マダガスカル、タンザニア、ベトナム、スリランカ等がございます。ビルマの中でも、モゴックとモンシューの2つの場所で採掘されます。すべての産地の中で、特に希少性と高いプレミアムが付くのが、モゴック産のピジョンブラッドルビー(Pigeon’s Blood Ruby)です。また、世界的に有名なジュエラーは、特別なジュエリーを作る際には、モゴックルビーを使用してきました。

モゴック産ルビー モゴック産ルビー モゴック産ルビー

モゴックは、ミャンマーの旧都ヤンゴンから650km程離れたとても山が多い、標高1,500mの場所に位置します。
基本的には、5月中旬から10月中旬の雨季の時期には採掘作業が停止され、その他の時期に於いてもその希少性などから、政府によって採掘時期が停止されたりすることも多くあります。

モゴック ルビー産地

モゴックはルビーの産地として、歴史上に於いて最も重要な場所であり、その歴史は15世紀まで遡ります。現在のミャンマー第2の都市である マンダレー王国からモゴックに追い遣られた無法者や山賊がモゴックルビーを最初に発見したとされています。

モゴックルビーがより世界的に知られるようになったのは、King of Ruby と呼ばれる U. Hmatによるモゴックルビーの発見後になります。

モゴックルビーの父
U.Hmat

U.Hmatは、Shan State(シャン州)のPinday(ピンダヤ)という小さな村からモゴックに移住してきた貧しい家庭で、1841年に産まれました。生活の糧として、彼はお菓子売りをしていました。ある日彼は、ある占星術師(今日でもミャンマーで行われている)に相談に行きました。占星術師は、将来の見通しを伝える前に、彼に料金をいくら支払ってくれるか尋ねたところ、U.Hmatは、1銭も持っていないと伝えました。気の毒に思った占星術師は、無料で診てあげると約束し、U.Hmatに”1週間以内に、あなたは大金持ちになります“と伝えました。その後実際に、彼は沢山のルビーを1週間以内に見つけ、モゴックで最もお金持ちで影響力のある1人となりました。地元では、U.Hmatはルビーを家にお米があるように持っていると言われていました。

最初に発見されてから600年たった今、モゴック産ルビーは、現在でも取れるものの、その量は少なく、価格は高騰してきております。

モゴックルビーのClarity特徴は、密集したRutile SilkのCloudです。

モゴック産ルビー 原石
モゴックルビーの原石

今日多くのモゴック産ルビーは、色を変化させる為に加熱処理されています。高温度が実際は石の表情を改善しているRutile Silkを分解してしまう為、僅かな%のルビーのみが、加熱処理をしない状態で残されています。

これら非加熱ルビーが、産地証明と天然であり、ピジョンズブラッドと証明がついた鑑別書と共に市場に出ると、とても稀少な為、高額な値となります。

モゴックルビー、鑑別書
産地証明が、Burmaとだけではなく、Mogokと記されているのをご確認下さい

モゴック産ルビーの場合、価格が上昇しているのは、現在の所事実でございます。以下にSotheby’sやChrisite’sでの結果をご覧頂くと、明らかであります。しかしながら、必ず上昇し続けるという保証はございませんので、ご理解ください。

•9.98ct(2000年, US$3,300,000. US$101,010/ct, Sotheby’s Geneva)
•8.01ct(2005年, US$2,200,000. US$274,656/ct, Christie’s New York)
•8.62ct(2014年, US$8,568,621. US$994,040/ct, Sotheby’s Geneva)

モゴックルビー モゴックルビー モゴックルビー

モゴック産ルビーの場合、鑑別書にBurma(Myanmar)とだけ記載されているものではなく、産地がMogokと記載されている鑑別書をご提供させて頂きます。多くのお客様より、「Burma(Maynmar)とだけしか鑑別書に記されていませんが、モゴックから買付けてこられたルビーの為、モゴック産です」とご説明を受けたというお声を頂きますが、例えばスリランカで購入したサファイアだからスリランカ産とは限らず、Madagascar産であることが多いです。ルビーに関しても同様の事が言えまして、ビルマ産とだけの記載の場合、モンシュー産の可能性も大いにございます。 モゴック産をご希望の場合は、鑑別書にしっかりとMogok産と記載されている商品をお買い求めされることをお勧めします。

モゴックルビー Gübelin モゴックルビー Gübelin
Gübelinの鑑別書の場合、追加レポートに産地の詳細が記されます。Mogokと明記されているのをご確認下さい。

Jewel Fujimakiの場合、色石の鑑別書として格式が高い、Gübelin Gem Lab, SSEF, GRSを主にお付けいたしております。 GIAの鑑別書がご希望の場合は、お申し付け頂けるとお取り致しますが、世界的に色石の鑑別書では、Gübelin・SSEF・GRSが信頼性が高く、GIAは弱いと考えられております。 Sotheby'sやChristie's でも、色石の場合はGübelinの鑑別書が多く、場合によってはSSEF等が付随していることが多いです (参照1参照2参照3 )。

モゴック産ルビー
画像は全てJewel Fujimakiが取り扱いました,Natural・No heat・Pigeon's Blood・モゴックルビー

お探しのモゴックルビーがございましたら、Jewel Fujimakiまでご連絡下さい。上の画像のように、10ct up も可能でございます。

copyright©2013 Jewel Fujimaki all rights reserved.